尾道市児童センター

  児童センターは、子どもたちのための健全な施設です。”あそび”を通じて、子どもの創造性 ・ 自主性 ・ 社会性を育むため、いろいろな活動を行っています。また、図書の貸し出しも行なっています。(対象、参加費などがある場合は確認のうえ、参加してください)


※市内在住の0~18歳の子どものための施設です。
※利用には年度(4月~翌年3月)ごとに登録が必要です。児童のみで利用される場合も必要です。氏名、住所、電話番号等をご記入いただきます。

 

児童センター利用について

◆開館時間

火曜日~日曜日

10:00~11:45/
13:00~14:45/
15:00~16:45

(ただし12:00~13:00除く)
◆休館日 月曜日 ・ 祝日 ・ 年末年始

 

 

児童センターだより

 児童センターだより4月号

 ▼児童センターだより5月号

 

<お知らせ>

4月17日(土)

 「世界のボードゲームであそぼ~!」

4月24日(土)

 「けん玉であそぼ~!」

都合により、講師不在で開催いたします。

ご理解、ご協力をお願いします。

 

講座名 子どもいけばな教室
日時 1回 土曜日 9:30~10:30
会場 尾道市総合福祉センター
内容
備考

身近な草花を使って、日本の伝統文化である「生け花」を体験してみましょう。
月1回 土曜日
参加費 7,000円(全10回)
対象者 尾道市在住の小・中学生
詳しくは、お問い合わせください

 

子ども生け花教室の様子1 子ども生け花教室の様子2

 

 

 

児童センター 人気のあそび

 

卓球の様子
卓球
一輪車の様子
一輪車
 
カプラの様子
カプラ
竹馬の様子
竹馬
 
けん玉の様子
けん玉

 

 

 

児童センターの大型遊具であそぼう

※新型コロナウイルスの感染状況によって、利用できない遊具もあります。

 

木の玉プール
木の玉プール
ガリバーの万華鏡
ガリバーの万華鏡
 
ねころびシアター
ねころびシアター
鉄棒のイメージ
鉄棒
 

 

 

子育てに携わっている方のためのつどいの場

 絵本を読んだり、体を使って遊んだり、親子のふれあい遊びなどを通して、就学前の子とその保護者の交流や情報交換、心の支えの場を提供しています。

★えほん・よみかたり

 月2回 火曜日 10:30~11:00/15:30~16:00
 ブックスタート読み語りボランティア「なのはな」の方が絵本を読んでくれます。

★あーと・らぼ

 月2回 10:30~11:30
 音楽あそび、体育あそび、物づくりなど親子でたのしい時間を共有しましょう。 

※尾道市在住の方ならどなたでも参加できます。

 

音セラピーの様子 親子deあそぼ〜!の様子

 

 

 

子どものための体験型 学びの場

  コース名 開催日時 内 容
1 茶道をたのしもう 年に数回 日本の伝統文化を味わってみよう!お菓子やお抹茶のいただき方を丁寧に教えてくれます。
2 子どもいけばな教室 年10回 土曜日
9:30~10:30
身近な草花を通じて、美しい物に感動し、花の命にふれることにより思いやりの心、命を大切にする心を育てます。
3 世界のボードゲームであそぼ〜! 月1回 土曜日
13:00~14:45
ボードゲームって知ってる?オセロ・パズル・立体ゲームなどたくさんあります。あそびを体験しよう。

 

 

 

子どものためのイベント

  行事名 内 容
1 ちょきちょきタイム 季節ごとに製作(こいのぼり・七夕・クリスマス等)
2 カプラであそぼ〜! 魔法の板「カプラ」で遊ぼう!何が魔法か遊んで見つけてね!いつでも遊べます。
3 けん玉であそぼ〜! 日本けん玉協会公認指導員の方に、いろいろな技を教えてもらえます。 けん玉大会もあるよ。
4 夏休みチャレンジ教室 夏休み中に、普段会う事がない友だちと出会い、交流しながら体験する教室です。
5 新年おたのしみ会
(三世代交流)
お正月遊び・伝承あそび・コマ・南京玉すだれ等
6 その他
・児童巡回劇
・運動あそび
優れた劇等に親しむ行事です

※材料費として、参加費が必要な場合があります。
※詳しくは児童センターだよりをご覧ください。

 

児童センターに関するお問合せは

尾道市児童センター (総合福祉センター内)
(事務局 : 尾道市社会福祉協議会)

722-0017 尾道市門田町22-5
電話番号:0848-22-8385 FAX番号:0848-20-0120